ミルクブルーベリー × GIN

濃厚なブルーベリーとミルキーなアイスクリームで仕立てた季節限定のパフェ。

やわらかで濃厚な甘みが特徴のブルーベリーをギュッと凝縮し、秋らしい味わいに仕上げました。さっぱりとしたミルクアイスクリームやヨーグルトチアプディングとも相性が良く、セットの「クラフトジンジュレ」を後がけすると心地よい甘酸っぱさが広がります。

「クラフトジンジュレ」は、ブドウや様々なボタニカルを入れてつくった東京クラフトリキュールのジンをベースに、レモンゼストを入れて爽やかな風味に仕上げました。 秋の夜長これからの季節にぴったりのブルーベリーパフェで、ほろ酔い気分を楽しみませんか。

■ほろ酔いジュレ

セットの「クラフトジンジュレ」は、ブドウや様々なボタニカルを入れてつくった東京クラフトリキュールのジンをベースに、レモンを入れて爽やかな風味に仕上げました。

■パフェのこだわりポイント

1)ミルクアイスクリーム:卵不使用のミルクアイスクリームは、口当たり軽やか。クラフトジンジュレの柑橘ならではの香りが心地よく、ミルキーなアイスクリームと相性抜群です。

2)ブルーベリーコンポート:パフェ全体の調和させるのは、ブルーベリーコンポートのこっくりとした甘みと酸味のバランス。レモン果汁をたっぷりと使い、火入れの時間をなるべく短くすることで、ブルーベリー本来の水々しさを残しながら上品な旨味をギュッと凝縮しています。

3)ヨーグルトチアプディング:グラスの底には、スーパーフードとして注目を集めるチアシードをつかったヨーグルトプリンを入れました。チアシードのぷちぷち、ツルツルとした独特の食感が楽しく、ほろ酔いジュレを混ぜてシャーベットのように味わうのもオススメです。

アクセントに刻みホワイトチョコとカスタード、ザクザク食感が楽しいクランブルの層を入れいています。カスタードはコクとキレのある甘さに仕上げました。ミルクストロベリー×GINのパフェは食べ進めていくごとに、軽やかな味わいになるよう組み立てています。

 

HOW TO ENJOY

冷凍庫から出してすぐも美味しいですが、真ん中の層くらいまでスッとスプーンが入るくらいになった時が一番の食べ頃。ほろ酔いジュレを少し加えて食べ始めてください。後半ごろごろイチゴの入ったコンポートとヨーグルトチアプディングに、たっぷりのジュレをかけて、スプーンで潰しながらシャーベットのようにして食べるのがオススメです。



OTHER FLAVORS

 

東京ティラミス × SAKE ミルクストロベリー × GIN

 

 

PRODUCTS

 

【10月配送】ほろ酔いパフェボックス 東京ティラミス&ミルクブルーベリー
¥3,800 +tax


 

 【12月販売予定】ほろ酔いパフェボックス ミルクストロベーリー&ミルクブルーベリー
¥3,800 +tax


 

販売開始のお知らせや新フレーバー情報をお届けします